下の動画をご覧ください。この世で一番美味しいビーフシチューができました。



この「フォンドボー」の詳細はこちら



オニオングラタンスープ ライオントリフボウル キャメル 通販

オニオングラタンスープといえば、ロイヤルホストでマリリン・モンローが

3日連続で食べたという話が有名です。

それほどまでにおいしいオニオングラタンスープとはどんなものかを調べてみました。

玉ねぎをバターでじっくり炒め、ブイヨンを加えて煮たら器に入れ、

薄く切って焼いたフライパンを乗せてチーズをかけてオーブンで焼くというものです。

スープを焼くとはなかなか面白い発想ですよね。

オーブンから出したときのグツグツしているところが食欲をそそります。

しかし、最初の飴色玉ねぎを作るのには時間がかかります。

とても手間のかかるスープなのです。




ライオントリフボウル キャメル (M) 10.5cm ~ カフェオレボウル/業務用

飴色になるまで待っていては、時間も労力もガス代さえ余分にかかってしまいますよね。

そんな気持ちを代弁するかのように、レンジを使って簡単にできるレシピをみつけました。

あらかじめ玉ねぎにレンジで火を通しておくことで、

すぐに飴色玉ねぎが作れるというものです。

これなら手軽にできそうですね。

飴色に炒めた玉ねぎの甘さがスープをおいしくしてくれます。

寒い日に熱々のオニオングラタンスープ、ぜひオススメです。

電子レンジで簡単!オニオングラタンスープ
電子レンジで簡単!オニオングラタンスープ

料理名:オニオングラタンスープ
作者:長澤家長男

■材料(2人分)
玉ねぎ / 小2個(大1個)
とけるチーズ / 適量
フランスパン / 2切れ
塩 / 小さじ1/2
こしょう / 適量
固形ブイヨン(無添加) / 2個
バター / 大さじ2
水 / 400ml

■レシピを考えた人のコメント
玉ねぎの甘さと、とろ~りととろけるチーズがなんとも言えない美味しさです。

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…







お店の味を根底からレベルアップする「KWBフーズのフォンドボー」詳細の動画解説


業務用のフォンドボーをお探しの方はこちらです。




こんな凄いフォンドボーは市販では見つからない!! プロが見ればひと目でわかる。冷蔵するとゼラチン質で固まっています。動画で確認できます。



この世で一番美味しいビーフシチューが完成しました。煮込み料理で、使う場合は、500gのブック型。この動画の通りに作ってみてください。

業務用は1kgサイズもあります。動画をご参考に。




『KWBフーズのフォンドボー』を使用してソースを作ってみました。けっこう美味しいソースなので他肉料理にも使えます。

それがこの動画です。フォンドボーを使った「ペッパークリームのステーキソース」の作り方。




命のだしシリーズ 命のだしシリーズ一覧をご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      

ピックアップ記事

  1. 具だくさんのグラタンですね。海老とかぼちゃの取り合わせ、良いと思います。 野菜…
  2. チキンをカリッと揚げるコツは最後に強火で揚げることです。 熱いうちに甘酢タレに…
  3. たまに(しょっちゅう(笑))、「ちょっと今日ご飯作るの面倒くさいなぁ。。」 な…
  4. 私のパートナーも然りなんですが、フランス人って、 日本人の私には考えられないくらい…
  5. 最近、弁当男子になり、弁当を持って行く機会が増えたのですが。 やはりメニューに困っ…


ページ上部へ戻る