下の動画をご覧ください。この世で一番美味しいビーフシチューができました。



この「フォンドボー」の詳細はこちら



30-25 煮魚は強火!ふっくらに仕上げる煮魚の方法

和食の代表、煮魚!

ご飯とお味噌汁と煮魚、あとお漬物があれば最高の定食です。

日本人みんな大好きな落ち着くご飯です。

そんな煮魚をおうちでつくる方も多いと思いますが、

おうちでつくると中々上手に出来上がりません。

お店で食べる煮魚はふんわり、ふっくら仕上がっていますが、

おうちでつくるとパサパサになっていまします。

違いはどこにあるのでしょうか・・・

おうちでつくる煮魚をお店のようにふっくら仕上げる裏技があります。

それも簡単に・・・

それは、

「強火で調理する」

これだけです。

「弱火でコトコトじゃないの・・・」と、思う方がいるでしょう。

それは間違いでした。

プロの方は煮魚は強火で調理しています。

さらに強火で調理するときは『落し蓋』が重要です。

落し蓋をして強火で調理すると、

煮汁と落し蓋の間に煮汁が泡立ちます。

この「泡」で魚全体に熱が伝わります。

弱火の場合だと、火に面している魚の下の部分と上の部分で熱の入り方に時差でます。

そうすると下の部分は熱が入りすぎパサパサになってしまします。

〈強火で仕上げる煮魚の調理方法〉

① 煮汁に魚を入れます。

② 落し蓋をして、強火で沸騰させます。

③ 沸騰したらそのまま3分半加熱します。

これだけでふっくらな煮魚に仕上がります。

是非ご家庭でふっくら煮魚をお試し下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト内検索



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      

ピックアップ記事

  1. 具だくさんのグラタンですね。海老とかぼちゃの取り合わせ、良いと思います。 野菜…
  2. チキンをカリッと揚げるコツは最後に強火で揚げることです。 熱いうちに甘酢タレに…
  3. たまに(しょっちゅう(笑))、「ちょっと今日ご飯作るの面倒くさいなぁ。。」 な…
  4. 私のパートナーも然りなんですが、フランス人って、 日本人の私には考えられないくらい…
  5. 最近、弁当男子になり、弁当を持って行く機会が増えたのですが。 やはりメニューに困っ…


ページ上部へ戻る